2012.09.06
平成24年度 住宅用太陽光発電高度普及促進復興対策事業
(福島実証モデル事業)の採択に関するお知らせ

当社は、福島県で募集されておりました太陽光発電の普及を図る先進的な事業モデルの提案に関し、
外部有識者で構成する委員会において採択されたことをお知らせいたします。

1 事業の概要と目的

「再生可能エネルギーの先駆けの地」の実現を目指す福島県において、
太陽光発電の新たな普及モデルとなり得る先進的な事業を実施し、
その有効性を検証することにより、自律的に太陽光発電の普及が促される仕組みづくりを進めていくことを目的としています。

2 審査方法

平成24年7月2日(月)~7月27日(金)までの公募期間に応募のあった43件の提案のなかから、
福島県及び外部有識者で構成する委員会において採点・審査を実施し、課題・検証内容の明確性や
事業終了後の展望、事業の新規性も考慮し、採択を決定いたします。

3 ウエストビギンが採択された提案

【共同による設置や利用の実証 対象分】
『全量/余剰徹底対決モデル実証』
地域一括太陽光発電プロジェクト

余剰電力と全量買取の両方の条件で募集を進め、ある程度条件を揃えたサンプルのなかで
両者の投資効率、資金回収率などを多面的な角度から徹底解析する。

詳細内容に関しては、追ってホームページで開示予定です。

*福島県ホームページもご参照ください。
http://wwwcms.pref.fukushima.jp/

(お問い合わせ)
株式会社ウエストビギン TEL:03-5353-6855(代)